井ヶ田製茶北郷茶園

土地の力、人の知恵を活かした
風景に寄り添う店舗づくり

井ヶ田製茶北郷茶園さんは、先代である現会長が埼玉県の狭山から宮崎県の日南へ拠点を移し、山ひとつを棚田の茶畑へ切り開いた歴史をお持ちです。現在も山全ての有機栽培に取り組まれ、安心安全な緑茶づくりを続けていらっしゃいます。

田村社長に山へご案内頂き、山頂から眼下にひろがる風景を見た時に、自然はこうも力強く美しいものかと感動しました。暮らしている方々にとっては普通の風景でも、私にはとても貴重なものに感じられ、この風景をふもとの店舗でも表現したいという思いをオーナーにお話ししました。どうだ!と胸を張った店構えではなく、山脈に馴染み、風景に寄り添う佇まいだけれど、一目でお茶の店舗であることが分かるような姿を目指し、内装にも日南らしさが出るよう、特産品として知られている飫肥杉を使用しました。

暖かな気候で育つ飫肥杉は成長が早いため、肌触りが柔らかく幅広の材が取れることが特徴です。それを活かしベンチと天井仕上げ材に使用しています。

今回の工事では、隣接された工場でパッケージされた商品をバックヤードで梱包する作業動線を最優先にプランを計画しています。店舗である平屋の既存建物の上に営業を続けながら2階部分を増築し、期を見て店舗を移動してから1階店舗を改築するという複雑な増改築工事でしたが、オーナー様ご家族と家族ぐるみの付き合いをされている大工さんが、知恵を絞り工夫を凝らして乗り越えてくれました。飫肥城と同じ手法で外部の飫肥杉を焼いて黒く見せる技を提案してくれたりと、日南の職人技を活かしたコラボプロジェクトとなりました。

井ヶ田製茶北郷茶園 田村秀悟さん

弊社は有機栽培茶を始め、緑茶の製造販売をしています。おかげさまで工場が手狭になり、店舗や通信販売の直売比率を上げたいという思いで増改築を考えていたところWHAISさんを紹介されました。お客様からの評判も良く、スタッフ一同大変満足しています。

Pocket