取締役


経営理念を実現するやり方は無数にある

取締役会であっても、全員「さんつけ」の役職呼称の禁止は徹底されています。経営会議よりも更に財務視点で深掘りすることが多い取締役会ですが、他の会議と同様にアジェンダに則り、5分会議を駆使して議論を深めます。

意見の対立は、一歩踏み出すチャンス!!目指す経営理念を共有できているからこそそこに至るやり方は無数にあるはず。そんな思いで、チャレンジをしています。

こんな人がいます!

directors_1

代表取締役社長

声でかい、笑い声さらにでかい、よく食べる、どこでも寝る。日本茶の需要創造について語り始めたら、そのアツイ想いは止まりません。社員全員の名前が言えて書ける。誕生日には手書きメッセージ。ボーナスの時には自腹でプレゼント。本社にいる日は、ハシモト食堂で乾物ごはんの腕を振るう「くみこばあば」でもあります。ふだんは本社勤務ですが、社長室はなく、社員と同じフリーアドレス!

directors_2

代表取締役副社長

日々ダジャレを考えて皆を笑わすムードメーカー。工場の3階に席がありますが、管轄は管理部門長。総務課・情報システム課・人財サポート課を擁する管理部門のまとめ役。財務の視点が得意です。忙しい時には神出鬼没、特に物流センターの出荷業務では頼りにされています。

directors_3

取締役営業本部長

九州出身。西日本営業所の営業から、営業一筋。全営業所を俯瞰して指揮する役割を担うようになりました。大きなからだと繊細な心配りのギャップにファンも多く、全国の営業と同行しながら、種からどう花を咲かせるかを試行錯誤しています。広報も担当しています。

directors_4

取締役生産本部長

工場のラミネート課で入社し、その後生産管理、営業、製袋の責任者、チャック製袋機の導入、品質保証課の立ち上げと、様々な仕事を担い、生産本部長になりました。特に営業として1年、その厳しさに歯が立たなかった思い出は自身が営業さんをリスペクトする気持ちにつながっており、なんとか納期を出したい、と工夫と知恵を絞りだす姿勢に生きています。ロス金額や削減金額を売上換算する「植田方程式」の生みの親!アイデアの泉です。

directors_5

取締役物流本部長

商品仕入れを担う購買業務と、本日間違いなく出荷する物流業務の統括をしています。物流センター2階事務所に席がありますがまずじっと座っていることは少なく、現場に出没する、仕入れ先様に出向くなどフットワークが軽いです。