製造


食品包装資材をつくるエキスパート

吉村の特長は、軟包装食品包装資材の自社一貫生産です。具体的には、袋になるフィルムの印刷(大ロットのグラビア印刷と小ロットのデジタル印刷、両方とも)も、フィルムの貼り合せ(ラミネート)も、スリット(袋の幅への断裁)も、袋にする加工(平袋・合掌袋・チャック袋なども)も、袋への後加工印刷(刷込印刷)も、全て静岡県焼津にある工場で作っています。

グラビア製造部・エスプリ製造部・製品製造部と3つの部がありますが、部をまたがった多能工を推進していて、納期逼迫や急なお休みなどにも対応できるよう仕組み化しています。工場と営業が仲が良く、お客様・消費者のパートナーとなることを共に目指しています。

こんな人がいます!

production_1

グラビア製造部 エスプリ製造部

吉村の誇るスーパー多能工。グラビア印刷・ラミネート(押し出し)・刷込・スリッターと全部で4つの認定を持っています。器用でセンスがあることももちろんですが、仕事をする時に『ここまでが〇〇の仕事』と線を引かない柔軟なスタンスこそが、彼がどんどん進化していく推進力。ほんと、自然体なんです!

production_2

グラビア製造部

刷込印刷の派遣社員から正社員になりました。まわりが進めやすいように前準備を整える姿勢はピカイチで、口数は少ないながらなくてはならない正社員に。グラビア印刷はインクを調合して、ピタリの特色を再現できた時に、やりがいを感じます。紙ではない、透明のフィルムだからこそのむずかしさと面白さが、ギュッと詰まっているのです。

production_3

エスプリ製造部

グラビア印刷出身の色を深く理解したオペレーターが多い中、新卒でエスプリ印刷課に配属となりました。字は汚いしナマイキだし(笑)と心配されていた入社時から、持ち前の探究心と負けん気でぐんぐん成長。今やメンテナンスもこなせるようになりました。新人賞を受賞した時に「賞品じゃなくて賞金がイイ!」と発言したことは、今やレジェンドに!!

production_4

製品製造部

袋にする製袋工程は最終工程。ここで瑕疵を見逃せば不良品流出につながります。製袋機の型替えをして、機械のスピードを上げ、検査をしながら箱詰めをする。ふだんは小リスのように可憐なのに、一度製袋機の前に立つと張りつめた空気、効率と品質を追い求めるプロ意識に圧倒される仕事人です。

正雄舎(定年後再雇用のための派遣会社)

二代目経営者の故吉村正雄の名前をとって「正雄舎(せいゆうしゃ)」。60歳で一律定年退職した後に、営業職の個人事業主としての選択以外は100%子会社に移籍し、そこから元の職場に派遣される仕組みです。

もともと、自分の部下が上司になることの居心地の悪さや過去の成功事例が共通言語でなくなっていくことの寂しさなど嘱託で働き続けてもらうことでのひずみを感じていました。移籍した「正雄舎」が同世代のホームとして機能し、一年契約で働き方も選べ、ご本人と相談しながら長く働き続けてもらっています。

こんな人がいます!

production_5

エスプリ製造部

グラビア印刷の課長として「新芽も湯呑みも茶畑も、どの緑も諦めない」時代の色へのこだわりを持っています。自慢の目が衰えてからは、製袋の手伝いやトラックでの荷物の搬入出なども担うオールラウンドプレイヤー。袋への愛があるから、信頼できるのです。

production_6

製品製造部

今は撤退してしまったオフセット印刷のオペレーター出身。その後グラビア印刷に転進し、リワインダーなどのグラビアをサポートする仕事を担ってきました。正雄舎の多能工のような存在で、忙しい時には夜勤に入ってくれたり、その全体最適の視点には感謝の気持ちでいっぱいです。静かな闘志がカッコイイ!