一括表示の原産国名欄

原産国名欄は、完成品を輸入した場合にのみ設ける!!

  1. 海外から輸入した食品を、そのまま開封せずに日本国内で販売したり、バルク※ の状態で輸入した食品を、日本国内で小分けのみを行った場合、これらは「製品輸入」と呼ばれます。
    製品輸入した食品の一括表示には、「原料原産地名」欄ではなく、「原産国名」欄を設けます。
  2. 一方、複数国から原材料を仕入れ、それを日本国内でブレンドしたり、海外から食品をバルクで輸入したものに他の原材料、もしくは香料や着色料等を添加する工程を日本国内で行う場合は、最終商品を国内で製造したことになるため製品輸入には当たらず、こうした場合は「原産国名」の欄は設けません。
  3. 「原産国名」の欄は、保存方法の次に設けることになっており、賞味期限等とは異なり、枠外への記載は認められていません。

<具体例-インド産の紅茶の表示>
A.インドからバルクで輸入した紅茶を、日本国内では小分けのみして販売
→保存方法欄の次に「原産国名:インド」とし、表示責任者は加工者

B.インドからバルクで輸入した紅茶に、日本国内でフルーツのフレーバーをブレンドして販売
→原材料名欄の紅茶の後ろに(インド産)と入れ、原産国名欄は不要。
表示責任者は製造者

原材料名欄に外国産の原材料が使われていると、原産国名欄を作らなければいけないと考えがちですが、原産国名欄が必要なのは、「製品輸入をした場合」であることを、この機会に知って頂ければ幸いです。

※バルク・・・茶葉等の食品が、大きな袋(業務用サイズ)に時下に大量に入っている状態。

Pocket