缶へのリサイクルマーク

缶へのリサイクルマークは、中に飲料、もしくは酒類を入れて販売するときのみ必要!!

  1. アルミやスチールといった缶の素材に対するリサイクルマークは、上記のPOINTで記載した通り、中に飲料、もしくは酒類を入れて販売するときのみ、表示義務が課せられます。
  2. 従いまして、茶缶に茶葉やティーバッグを入れて販売する場合や、リーフの茶葉とセットで、おまけで付ける茶缶についてはリサイクルマークの表示義務の対象外となるため、アルミやスチールのマークは入っていなくても問題ありません。

茶缶等をお取り扱いの業者様におかれましては、既にご存知の方もいらっしゃるかとは存じますが、今後のご参考になれば幸いです。

Pocket