玄米茶の原材料名表示

原材料に、精米ではない、本当の「玄米」を使用している場合以外は、原材料名欄への「玄米」の表示はNG!!

  1. ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも「玄米」と「精米」は、種類の異なるお米で、どちらも玄米茶の原材料になりえます。
  2. 玄米茶の中には、本当の「玄米」ではなく、蒸して焙煎された「精米」を使用している商品があり、実際のところ、玄米茶の多くは、これに該当しています。
  3. 上記(2)の様な商品について、実際には玄米を使用していなくても、広く世の中に定着している商品名であることを理由に「玄米茶」と呼ぶことができます。
  4. 原材料名欄に記載する原材料は、商品を製造する段階で使用する原材料を、正確に記載する必用があります。そのため、上記(2)のケースでは、玄米は使用していないため、「玄米」と表示するのはNGとなります。

    (2)の様な商品の、原材料名の表示例

    • 緑茶(国産)、煎り米
    • 緑茶(国産)、煎り精米

    ※上記どちらでも表示可能です。

玄米茶を製造又は販売されている業者様は、一括表示を作成される際、お茶と合せるお米の状態をご確認の上、適切な表示をお願い致します。

Pocket