加工食品への栄養成分表示

栄養成分表作成の際の、「成分分析」は、必須ではない!!

  1. 栄養成分表示を入れるに当たっての、食品表示法の義務事項は、「五第栄養素の表示順序と単位が適切であること」のみです。
  2. 従って、栄養成分表に記載する、各栄養価の数値の出し方は、表示責任者様に一任されています。
  3. 数値の出し方の主な手段は、

    • 日本食品分析センターに、その商品の成分分析を依頼 (有料で、五第栄養素の分析で、およそ20,000円)
    • 日本食品標準成分表2015(七訂)を参考に、数値を計算

    のいずれかが一般的です。
    ※尚、栄養成分表中には、「○○調べ」の様に、数値の算出の根拠となった資料名、又は分析機関名の記載が必要です。

新食品表示基準では、加工食品への栄養成分表示が原則義務化されたため(お茶等、一部、省略可能な食品有)、今後は、栄養成分表作成に向けて動きだされる業者様が多いかと思います。その際に、上記の点をご参考にして頂ければ幸いです。

Pocket