消費税率引き上げの対象外商品

お茶や海苔と言った一般加工食品は、消費税率8%で据え置き!!

  1. 2018年2月の記事で取り上げた通り、現在8%の消費税率は、2019年10月より10%へ引き上げとなる見通しです。
  2. 例外として、飲食料品と購読新聞については、2019年10月以降も消費税率は8%で据え置きになります。
  3. ただし、飲食料品のうち、酒類と外食産業に当たるものは、10%への引き上げの対象になります。
  4. これらのことは、「消費税添加対策特別措置法」という法律によって定められています。

法律は世の中の動向次第で規定が変動するため、10%への引き上げ時期も、今後の世の中の動き次第で更に延長される可能性があります。

消費税率10%への引き上げは、日常生活に様々な影響をもたらす可能性がありますが、飲食料品と購読新聞は引き上げの対象にならないことを、この機会に知って頂けたら幸いです。

Pocket