YOSHIMURA

今月は、海苔の原料原産地表示について取り上げます。

【ポイント】
海苔の原料原産地表示では、水域名の表示が可能!!

【解説】
(1)既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、加工食品の原料原産地表示では、
国産である旨の表示に代えて、「都道府県名」、「一般的に知られている地名」の表示が認められています。

(2)一方、海苔を始めとした水産物の原料原産地表示では、上記(1)で触れた表示以外に、
水域名を産地として記載することが認められています。 (下記、表示例のC.を参照)

【表示例 焼き海苔の産地表示】
A.原材料名:生海苔(国産)
B.原材料名:生海苔(佐賀県産)
C.原材料名:生海苔(有明海産)
※上記A.~C.の表示例はいずれも正解ですので、上記のいずれかの形で表示して頂ければOKです。

水産物の原料原産地表示を「国産」以外でする際、都道府県名での表示が困難な場合があるかと思います。
そうした場合の解決策として、水域名での表示が有効と考えられますので、ご参考にして頂ければ幸いです。